ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

そのもので在ること。

メッキはいずれ剝がれ、地があらわれる。

この世界で私が生きている間は

金はいつまでも金だし

ダイヤモンドはずっとダイヤモンドだ。


金は砂粒に混じっているかもしれないし

ダイヤモンドも土にまみれているかもしれない

でも金は金でありダイヤはダイヤだ。


メッキは私の肌には合わず、一日身につけていられない。
化学反応を起こして肌を攻撃する

なぜメッキをするのか?

見栄えを良くするため、地を隠すため?
様々な理由があるのだろうけれど
 ものごとが変化していくのは真理で、メッキはいずれ剝がれるのだ。


あるモノに似たモノで妥協する、満足する

…本当に満足しているのだろうか?

似たモノで良しとする、その真意はなんだろう?

似たものではなく、それ、そのものを望んでいたのではないだろうか?

何故 それ、そのものではなく、似たもので良しとしたのだろうか?



わたしは、

そのものを選び

そのもので在りたい。