ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

タイに来ています。【2015チェンマイ日記】

11/22に日本を抜け出し、一応冬ですが気温は真夏のタイはチェンマイに来ています。
以前から気になっていた、タイマッサージを学ぶ旅。

ヨガにはまって、最初に受講したTeacher's TrainingがYogic Artsでした。
Yogic Artsとは、ヴィンヤサヨガとマーシャルアーツ(武道)とタイマッサージを融合させたユニークなメソッド。
創始者のDuncan Wongのアジャストは、『そうそう!そこそこ!』と身体が喜ぶ素晴らしいもので、これはもう天才的。
クラスの終わりのお休みタイムで私が生徒さんにしているアジャストは、Yogic Artsで学んだテクニックで、タイマッサージが源流です。

ずっとずっと気になっていたタイマッサージ。
気になっているなら学べばいいのに、何だろうか、何故か自分にリミットをかけてました。
そんな時間とお金があるはずがない。私に出来るはずがない。

毎年行われるヨガフェスタで、師のYogic Artsのクラスのアシスタントに入っていたのですが、ある年にある先輩ティーチャーから『こんなことも知らないの?』とダメ出しをされ、クラスの後にその方に教えを請うも冷たくあしらわれ、以来自分に蓋をしてしまったのですね。もともと押しが弱いので、強く出る事も出来ず、変な制限を、ブロックを、固定概念を自分に植え付けてしまった。
今だったら無視されようが冷たくされようが、嫌な顔されようが、ガンガン聞きにいっちゃいますけどね(笑 

でも昨年、ちょうど一年前くらいでしょうか、リシケシのインド占星術師に占ってもらった時に、『貴女の手はヒーリング、マッサージに向いている手だ。タイマッサージをしなさい』とのお告げ?(笑)をもらい、その気になりました。笑

やりたいことを、やればいい。

私はアシュタンガヨガを練習しているし、教えてもいるけれど、アシュタンガヨガのコミュニティだけでなく、中目黒にあるFlow Artsのヨガコミュニティも大好きで、ジヴァムクティヨガを受けたり、大好きなEmmaさんやPadmini先生のクラスを受けたり、リシケシに行けば大好きなシバナンダアシュラムに瞑想に行ったりプージャに参加したりしています。
それを、『何がやりたいの?』『ふらふらしてる』と言われることもあります。

先輩先生にそう言われると、自分が間違ったことをしている、悪いことなんだ、と感じて苦しんだり辛くなったりしたけれど
そう感じるのは、そう私に言う相手なのであって、相手のネガティブな感情を受け取らなくてもいい。
相手の世界に私は生きる必要はない。
私は私の世界に生きる。
私はただ、そこにいると心地いい、良いエネルギーが在るところに居たいだけ。

ヨガを伝えていますが、同時にプラクティショナーでもあります。
ヨガを伝えていますが、mokshaへの道を探っている修行中の身でもあります。

yogaは単なる身体と心によいエクササイズではない。
宇宙そのものである自分を理解するためのツールです。

私の場合、プラクティスの延長線上にタイマッサージがあった。
それがこれから役に立つのか、実になるのか、さっぱり分かりません。

でも役に立たなくてもいい。実にならなくてもいい。
わたしの魂が喜ぶことをする、と決めました。

他人は他人のことを何とでも言います。
言いたい人には言わせておく。
だって関係ないもん。

今この時期、起こる事、訪れる場所はとても意味のあることらしい。
そんな実感はないけれど、何かが加速している、扉が開こうとしている、という感覚はあって
 一生懸命握っていたハンドルを手放して、自動運転にしてみました。

何かが変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。

それでも私は、行動せずにはいられない。

『動くことで安定する』

バリ島の手相見の女性が、私の手のひらよりも15センチ上を見ながら伝えてくれた言葉が何度も蘇ります。

回遊魚のように。

『動くことで安定する』

チェンマイに着いて1週間が過ぎました。
少しずつ、自分のための覚え書きとしてもブログをアップしていこうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ブログ村に参加しました。ポチッとしていただくと喜びます。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

どうもありがとうございます!