ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

身体と心のメンテナンスday

f:id:padmaria:20190216110425j:plain

昨日は月イチの身体メンテナンスのために茅ヶ崎への横山長生館へ。

横山先生には鎌ヨガ時代からお世話になっているので、もうかれこれ10年近く。

アシュタンガのクールマアーサナで頑張りすぎてハムストリングスを痛めて以来、4年間その痛みに悩まされました。ケン先生や和也先生、ゴアのマーシーにも相談し治療にも通ったけれど治らず、藁をも掴む思いで鎌ヨガの久美子先生に教えて頂いた横山長生館に駆け込み、ゴッドハンドに出会ったのです。

問診をし、すぐさまわたしの後ろに回り込み一言。

『ああ、仙骨がめり込んでるね。それが原因だよ』

んん?せんこつがめり込んでるって??

何が原因だか、仙腸関節が骨盤にめり込んで、1ミリも動いていない。その状態で前屈や後屈をしていたので、前屈の時点で過伸展になっていたのだ。

仙腸関節が動くことで髄液が脳に満たされるのだけど、私の場合、ロックしちゃってたので浮かんでいるはずの脳がだんだん下がってきて、そのせいで酷い偏頭痛も引き起こしてた。

横山先生に仙腸関節が動くように施術してもらったら、毎月悩まされていた偏頭痛もピタリと治まり、それから劇的に身体が変わって行ったのです。

それ以来、全幅の信頼を寄せ、動かしやすいように身体を整えてもらっています。

 

で、今回は怪我の治療。

先月末、メンテナンス直後に葉山の小磯の鼻で滑って転び、咄嗟に左腕で身体をかばったせいで、ずっと左側の調子が悪かった。身体が資本なのですぐに電話して治療を受ければ良かったのだけど、整えてもらって直後にまた怪我って、なんだか決まりが悪かったのです。

左腕のお陰で痛めやすい左側仙腸関節は守られたが、どうにも左肩と手首が痛い。

人の体は面白いもので、転んだ直後は肘の痛み。これは直ぐに治ったが3日後に手首に出た。使う角度によっては痛くてアーサナをキープ出来ないほど。これには困った!

痛みをこらえつつ、出来るだけ使わないように工夫したのが功を奏し、いつの間にか手首の痛みはなくなっていた。代わりに今度は左肩甲骨と首筋の痛みに悩まされた。

転んで生じた不具合を、バランスを取るように身体が変化していく。たぶん関節がどうにかなってしまっているので、ヨーガのアーサナをしても治らない。

こんなとき、ふとアーサナの意味とか意義とか考えて無力感が生まれることがある。

でも、いやいやそうじゃない、と意識を中心に戻す。

ヨーガのアーサナの側面には『肩こりを治す』とか『腰痛対策』とか『健康』に関する効果が期待できるけれど、アーサナの目的はそれだけじゃない。

アーサナは単なる健康体操ではないのだ、ということに気づくと自分の練習やクラスへの意識も変わってくる。

怪我をしてから何とか乗り切った3週間。長かった。。。

 

診て頂いたら、転んだ衝撃で左肩関節がグッと中にめり込んで動きが制限されてしまってました。それに呼応して肋骨が詰まり、ちゃんと呼吸が出来てませんでした。

お弟子さんに全身をマッサージしてもらって緩め、横山先生に肩と首、背骨の矯正をしていただく。

順番に矯正してもらって、背骨を治してもらった途端、呼吸がすーーーっと入ってくるのが感じられました。

ああ、息、出来てなかったんだなあ…

 

原因となった転倒、実はその場所で転ぶのは2回目で、前もその場所で派手に滑って転んで左の仙腸関節がズレてしまったんですね。

クラス前にMyパワースポットである小磯の鼻で充電して良い状態になっているはずなのに。。。全く同じ場所で、なんだろう?何かのメッセージだと思うんですけど、って先生に話したら、『もうその場所での充電は必要ないってことなんじゃない?』って。

えーーーそうなのかな??

『だって今のriaさん、エネルギー満タンだもの。十分過ぎるくらいエネルギーあるよ。』

横山先生はひところの、鬱病になったわたしの状態を知っています。あの頃は本当に酷かった。心身の一番酷いどん底の状態を知っているから、今のわたしは見違えるようだと。

先生の言葉は意外でした。

なぜなら、ちょっと鬱々気味だったから。立春を過ぎてから鬱々としていて、ああこれは季節性の鬱かもしれないな〜なんかもー疲れちゃったな〜なんて凹んでたので。

そう言われてみると、内側にはふつふつとエネルギーが満ちているのが感じられるし、先生と話す自分の声もお腹から出ていて元気一杯。

もしかして、鬱々って思い込みだったのかも?

実はもう6年くらいずっと鬱で、最近ようやく浮上してきたんですね。6年も続き、その間自分が鬱だってことも気づかなかった。鬱なんじゃないかなんて、1ミリも思わなかった。

ただ、自分が悪いんだ、って思ってました。

利用されやすいのも、人を執拗に責めてしまったのも、日常の当たり前に出来ていたことがちゃんと出来なくなったのも、いつも頭の中がぼわーんと靄がかかったようで考えがまとまらないのも、やる気がどんどん失せて怠惰になっていくのも、全てわたしの修行が足りないんだ。出来ないわたしが悪いんだ、わたしのせいだ、わたしがわたしが。

ちゃんと出来ないわたしが悪い。ずっとずっと責め続けてました。なんで出来ないの。生きている意味、わたしの存在価値もないとまで思うようになりました。そして、そんな思いを抱く自分をまた責めるんですね。

ヨーガを練習しているのに、ヴェーダーンタを学んでいるのに、こんなわたし。

 

鬱だ、鬱病なんだって判明したときはホッとしました。

だって、わたしのせいじゃなかったから。

鬱病という病気だったから、仕方なかったんだ。。。その安堵感と言ったらありませんでした。

わたしのせいじゃない。涙が溢れて止まりませんでした。

 

最近そこからやっと浮上して来て、立て直しをはじめたところ。

回復に向かっているのに、クセで鬱状態の意識にしちゃってるのかも。

 

わたしは治って来ているし、枯渇していると思っていたエネルギーは実は満タンだった。笑

 

他にもSNSとの付き合い方、利用の仕方についても先生と話して腑に落ちた。それはまた別の機会に記事にしようと思ってます。

 

身体と心は繋がっているから

横山先生には身体も心も整えて頂いてる。

いつも、ありがとうございます!

 

 

 

 

ブログ村に参加しました。ポチッとしていただくと励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

どうもありがとうございます!